社名
pマーク
ドローンページトップイメージ

測量とドローン(UAV)

近年、国はICT(情報伝達技術)を活用して、建設現場の生産性向上に向けてi-constructionを推進しています。その上流工程の測量では、ドローンを利用した空中写真測量やレーザースキャナをドローンに取り付けて 行うレーザー測量などにより、測量データの3次元化を行います。そして、このデータは設計へと引き継がれ、設計の3次元データから無人の建設機器による工事へつながっていきます。 当社はドローン、3次元データ作成などの技術で、お客様の事業拡大と時間とコスト低減に役立てるものと考えています。

ドローンへの取り組み

無人航空機であるドローンでの活用が、様々な産業で考案され実現しています。当社でも測量に加えて林地開発事業、宅地開発事業、砂利採取事業などで開発現場を空撮し、現況の把握や業務計画検討への資料提供。解析ソフトを使った3Dマッピングや3Dモデルのデータ作成など、お客様の事業展開に役立てていただける資料や提言を速やかに提供できるよう技術の研鑽に取り組んでいます。

ドローンの活用

<

当社は、ドローンの空撮機能を活かした、土木、建築の分野での工事の着工前、進捗状況、完工後の映像や3次元データの提供、又は災害時の山地、河川、 海岸の被害状況の映像の作成や画像データによる測量図及び3次元CAD図を迅速に提供しています。また、建設現場の生産性向上を目指し橋梁、高架の高所部分、ソーラーパネル等の 長寿命化メンテナンスのための撮影など、当社の操縦技術とデータ解析技術をご活用下さい。

空撮例

2020年東京オリンピック サーフィン会場 釣ケ崎海岸の空撮(2018年 phantom4による撮影)